• TOP
  • クラフトマンシップ:Story 03

クラフトマンシップ

Story 03 クラフトマン、手仕事

かたちづくる

デザイナーの描くデザイン画を立体にかたちづくることがクラフトマンの仕事です。デザインのコンセプトを理解し、表情豊かな製品に仕上げ、目で見ることはできない「つけ心地」を決定します。クラフトマンはデザイン画を見た瞬間から立体のイメージが膨らんでいくと言います。そのイメージ通り、そしてそれ以上のものに仕上げたいというこだわりから、時にはデザイン画には表現されていないディテールまでをつくり込んでいきます。

身につけた瞬間を想像して

ひとつのサンプルを完成させるのには、デザインの決定から2ヶ月〜3ヶ月を要し、製作の全工程を基本的にひとりのクラフトマンが担当します。これもスタージュエリーならではのこだわり。完成まで通して携わることで、すべてにおいて納得のいくジュエリーが生まれます。ジュエリーを身につけるひと、身につける瞬間を想像し、最後の磨きの工程までを丁寧に心を込めて仕上げていきます。