QUALITY

スタージュエリー製品の確かな品質保証、素材へのこだわりについてご紹介します。

素材へのこだわり

地金素材の歴史や性質、スタージュエリーの素材へのこだわりをご紹介します。

歴史・産地

シルバーは、金・銅に次いで発見された金属で、色調の美しさや加工のしやすさから、古代からジュエリーに使われてきました。またプラチナやゴールドに比べて手ごろな価格で供給されているため、銀食器など大振りなアイテムにも多く使用されています。近年では、シルバーならではの魅力を生かしたジュエリーも多くデザインされています。産地は、メキシコ、アメリカ、ペルー、カナダ、オーストラリア、ロシアなどです。

性質・特徴

長い間空気に触れると酸化膜に覆われて黒ずんできますが、シルバークリーナーなどで簡単にきれいにすることができ、長くご愛用いただけます。加工のしやすい素材ですが、純銀のままではジュエリーには軟らかすぎるため、銅などを加えた合金を使用することが一般的です。単位はSV1000が純銀、割金の量によりSV950(95%シルバー、5%割金)、SV925と表示されます。

スタージュエリーのシルバー

スタージュエリーのシルバー製品は、イギリスで12世紀に実用化されSterling Silver(スターリングシルバー)と呼ばれる、最もジュエリーに適した硬さを持つSV925を使用しています。使い込むほどに独特の質感や風合いが醸し出されることも人気の理由です。