人気スタイリスト 丸林広奈さんとのコラボレートジュエリー‟LITTLE EAR CLOSET”。
スタイリストならではの視点で、コーディネイトをする楽しさにこだわったシリーズです。
今回がジュエリーブランドとの初めてのコラボレーションになる丸林さんに
‟LITTLE EAR CLOSET”に込めた思いをうかがいました。

新しい生活様式によってファッションも変化し、マスクで顔半分が隠れてしまう昨今、目が行きやすいのは耳元。
どんな状況でもおしゃれを楽しみ、毎日を明るい気分で過ごしてもらえたら、という思いを込めて作り上げました。

動きのある柔らかなゴールドの造形に、大きさの異なるパールをグラデーション状に配したモダンなイヤージュエリー。

パールを使いトレンド感と存在感を持たせつつも、しなやかなゴールドの強弱で女性らしい華奢さを忘れないよう心掛けました。
どのアイテムもお手持ちのものと合わせたり、シリーズ内でのコーディネイトができたりとジュエリーを楽しんでもらえるものに仕上がっています。

ITEM01
LITTLE EAR CLOSET
PIERCE

一見シンプルながらパールの絶妙なグラデーションが美しいピアス。
地金部分が極力見えないように、パールに沿う最小限のゴールドでセッティングしたパールの美しさを存分に楽しめるアイテムです。

どの角度から見ても5連のきれいなパールに見えるよう、横から見てもきれいな形状にこだわりました。
そのおかげで、シンプルなのに上品で存在感のあるピアスに仕上がりました。

2JP7921 LITTLE EAR CLOSET PIERCE ¥18,700(TAX IN)

view

ITEM02
LITTLE EAR CLOSET
EAR CUFF

耳を華やかに彩る3連風のイヤーカフ。
コーディネイトのしやすさを考え左右どちらの耳でも使えるよう、パールをぐるりと一周配した作りになっています。

他のアイテムに比べて小さいパールのグラデーションを使用しているため、ゴールド部分との絶妙なバランスを追求しました。
3連風だけれどボリュームがありすぎないので他のアイテムとの重ね着けも楽しんでいただきたいです。

2JE7067 LITTLE EAR CLOSET EAR CUFF ¥25,300(TAX IN)

view

ITEM03
LITTLE EAR CLOSET
CUFF
JACKET PIERCE

耳に巻き付くような立体的なフォルムが目を引くカフジャケットピアス。
ジャケットを取り外してパールの一粒ピアスとしても使用することができます。
イヤーカフが合わない耳の方にもフィットしやすい安定感のあるアイテムです。

どうなっているんだろう?と思うような今までにない形が魅力のピアスで、一つ着けるだけでおしゃれ上級者になれます。ピアスとジャケットを別々に使用することもでき、お手持ちのアイテムと合わせて様々な組み合わせが楽しめます。

2JP7920 LITTLE EAR CLOSET CUFF JACKET PIERCE ¥27,500(TAX IN)

view

ITEM04
LITTLE EAR CLOSET
EAR CUFF

シリーズの中で一番ボリューミィなアイテム。
ひとつ着けるだけでイヤーカフを重ね着けしている印象に。
2本のラインが一番美しく見える角度になるよう、調整を重ねるなど細かい工夫が詰まっています。

耳の上部に着けるイヤーカフだけでなく、最近は耳たぶに着ける大ぶりのイヤーカフがトレンドになってきています。
ピアスが開いていない人や重ね着けをしてみたいけれど合わせ方に悩まれる方にもおすすめです。
今っぽさ、モードさが手に入るイヤーカフに仕上がりました。

2SE7028 LITTLE EAR CLOSET EAR CUFF ¥14,300(TAX IN)

view

何度も打ち合わせを重ね、こだわりのフォルムを追求しました。
トレンドをおさえつつも長く使える素材、デザインである点もポイントです。

STYLEA

Point

カフジャケットピアス(2JP7920)はスタッズピアスとジャケットを別々に使用できるアイテム。 LITTLE EAR CLOSETの5連ピアス(2JP7921)と組み合わせればよりモードなコーディネイトに。 左右アシンメトリーに着けこなしてトレンド感も楽しんで。

STYLEB

Point

2連風、3連風のイヤーカフを2つ着けるだけでいくつも重ねているような凝ったコーディネイトが完成。
耳にはめるだけの着用が簡単なイヤーカフだから忙しい朝にもぴったり。
反対の耳には、パールのグラデーションが反転したかのようなピアス(2JP7921)を選べばバランス感が美しい着けこなしに。

profile

2012年CanCamの人気読者モデルとして誌面に登場。
読者モデルながらCanCamの表紙モデルを務めるなどファッションセンスがかわれ、 スタイリストとして活躍中。
誌面コーディネイトはもちろん、自身の私服コーディネイトやメイク、ライフスタイルまで多くのファンから支持されています。