スタージュエリー採用情報エントリー

社員紹介

日本の歴史あるブランドとホスピタリティを中国にも広めたい 販売スタッフ 主任 路面店勤務 劉 子超 2009年中途入社 専門学校日本ホテルスクール 国際ホテル学科 卒業 日本の歴史あるブランドとホスピタリティを中国にも広めたい 販売スタッフ 主任 路面店勤務 劉 子超 2009年中途入社 専門学校日本ホテルスクール 国際ホテル学科 卒業


    日本の歴史あるブランドと
    ホスピタリティを中国にも広めたい

        2009年中途(準社員)入社
        銀座エリア路面店勤務 主任 劉 子超


日本の歴史あるブランドとホスピタリティを中国にも広めたい

2009年中途(準社員)入社
銀座エリア路面店勤務 主任 劉 子超

 
 男性目線を活かし、自分にしかできない接客を
 父の影響で多くのジュエリーショーに足を運んでいたことがきっかけとなり、高校卒業後にジュエリーの専門学校へ入学しました。学んでいく中で、自然とジュエリー関係の仕事に就きたいと考えるようになりました。当時通っていた学校の傍に、スタージュエリーのメンズブランドSJXの店舗があり、そこで取り扱っているブランドのデザインに魅了され、この場所で働くことに憧れをいだいていました。働いている社員の放つ、華やかで且つ独特な雰囲気に惹かれ、入社を決意しました。
 入社当初、器用でない私は言葉遣いや所作などが上手く出来ず、正直苦労もありました。入社してから数年経ちますが、そんな私をさり気ないフォローや、きめ細やかな指導で支えて下さった先輩たちのお陰で、現在の役職まで成長することができたのだと思っています。
 お客様の中には、同性だけでなく異性へのギフトを探しに来店される方が多くいらっしゃいます。特に、男性のお客様は女性スタッフばかりで普段は立ち寄らないようなジュエリーショップには入りづらいと感じてしまうのではないでしょうか。そのような際に、男性スタッフである私に声をかけてくださる機会も多く、安心してセレクトできたと感謝のお言葉をいただけたときに男性スタッフとしての存在意義を感じます。この先も女性スタッフから学ぶ繊細さと、男性の販売スタッフだからこそ提供できるサービスを追求していきたいと考えています。
 
 中国語の接客の中にも日本のホスピタリティを
 私の勤務する路面店には、観光で来日される外国のお客様も数多くお見えになります。特に母国語を活かした中国の方の接客をする機会はとても多いのですが、ご旅行でいらしている方は時間に制約がある為、迅速かつ丁寧な接客が求められます。また、ジュエリーに対する価値観も異なる為、商品を熟知した上で幅広い提案力が必要とされます。以前ご来店された中国の方が、同国のご友人に私のことを話して下さり、わざわざご来店され指名で商品を購入して下さったときの感動は心に残っていますし、言葉のアドバンテージだけでなく、ホスピタリティをもお伝えすることが出来たという自信につながった出来事でした。
 インバウンド対応では、自身の伝え方次第で売り上げに大きく貢献ができるだけではなく、海外へのブランド知名度に影響していく為、仕事にとてもやりがいを感じますし、訪日外国旅行者が年々増える中、語学ができるということはそれだけで大きく活躍出来るフィールドがあると思います。
 
 外国人スタッフの環境づくりや新サービスの軸
 準社員で入社してから現在主任として、経費や出勤簿などの管理業務に携わり、店長とともに売上や目標について考えていく機会も多くなりました。加えて、中国人スタッフの教育担当も担っています。やはり、言葉や文化の違いがありますので、丁寧に時間をかけて日本語と中国語の両方で日々の教育を行っています。日本人スタッフとの間でうまくコミュニケーションが取れていないと感じた際は、パイプ役として積極的にサポートするようにしています。一方、販売スタッフとしては2年連続で「優秀販売員賞」を受賞することが出来ましたが、現状に甘んじることなくお客様の喜ぶ姿を活力に、接客スキルの向上を目指していきたいと考えています。
 今後は、目標に向かって全員が同じベクトルで取り組んでいける強いチームができるよう、店舗運営を学び、男性店長を目指していきたいと考えています。また、語学を活かしスタージュエリーの魅力や、ホスピタリティを世界へ発信していきたいです。

キャリアステップ

2009年04月 表参道エリアSJXへ準社員として入社

2010年04月 有楽町エリアSJXへ異動

2010年09月 スタージュエリー表参道エリア路面店へ異動

2012年02月 正社員へ昇格

2014年04月 スタージュエリー銀座エリア路面店へ異動

2015年02月 主任へ昇格

休みはもっぱら家族サービスと家庭菜園

幼い愛娘が居るので、最近の休日はもっぱら家族サービス!
子どもがもう少し大きくなったら
山や川へのキャンプ等のアウトドアを楽しみたいですね。


BACK

pagetop

会社案内(PDF) | 利用規約 | プライバシーポリシー

STARJEWELRY CO.,LTD.