スタージュエリー採用情報エントリー

スタッフの体験談


長くスタージュエリーで活躍し、
お客様との素敵な出会いを体験してほしい

1999年中途入社
新宿エリア百貨店勤務 中山 怜美




産休・育休中もスタージュエリーの一員だと実感

 店長として、自らの個性を活かしたお店づくりに大きなやりがいを感じていた2008年、第一子を授かりました。当時は、産休・育休制度が現在ほど浸透しておらず、初めて体験する出産に対する不安から退職に心が傾いていた時期もありました。そんな時、仕事と子育ての両立を実践してきた上司からのアドバイスや、励ましの言葉の数々に大きな勇気をもらいました。産休と育休を合わせて一年半のほど職場を離れることになりましたが、その間社内報が自宅に送付されてくるので、休職中もスタージュエリーの一員であることを実感でき、安心して復職に臨めましたね。
 復職後、温かく迎えてくれた仲間たちや、ジュエリーを選ぶお客様の幸せそうな顔と再会できたとき、改めてスタージュエリーで働くことの魅力を再認識しました。また、子育ての経験は、母親目線の気づきを加えたアドバイスができるようになるので、仕事においてひとつの強みになります。もちろん、働きながらの子育ては易しいものではありません。第二子、第三子の出産を経てここまで続けることができたのは、会社のサポートがあったからこそだと思います。時短勤務や保育料補助などの制度が整っているだけでなく、実際に制度を活用することが当たり前になっている社風もありがたいですね。近年では妊娠中でも無理なく働けるよう、マタニティコスチュームが用意されました。女性が輝ける職場をつくるため、常に新しい制度の導入を行っているのも、ママさん社員が活躍できる秘訣です。

 仕事でのキラキラした時間があるからこそ、子育てにも明るい気持ちで取り組むことができますし、子どもの「お母さん頑張ってね」という言葉があるからこそ、力強い輝きに満ちた接客ができるのだと思います。仕事と子育ては邪魔し合うものではありません。これから入社する方には、勇気をもって両立を目指し、長く素敵なお客様との出会いを体験してほしいと思います。

キャリアステップ

1999年11月 銀座エリア百貨店へアルバイト入社
2000年04月 正社員昇格
2003年09月 新宿エリア百貨店へ異動
2004年09月 主任へ昇格
2006年02月 表参道エリア路面店へ異動、副店長へ昇格
2007年02月 店長へ昇格
2008年10月 第一子の産休・育休
2010年04月 新宿エリア百貨店へ復帰 (働き方の変更を希望し、一般職へ)
2012年09月 第二子の産休・育休
2014年04月 銀座エリア百貨店へ復帰
2014年11月 第三子の産休・育休
2016年04月 新宿エリア百貨店へ復帰

息子の野球を応援!

東京ドームへ観戦に行くほど野球好きの私。
長男が少年野球を始め、練習の見学が楽しみのひとつです☆


BACK

pagetop

会社案内(PDF) | 利用規約 | プライバシーポリシー

STARJEWELRY CO.,LTD.