Bridal Web MagazineStar Brides

GOOD LUCK ON YOUR WEDDING DAY

花嫁のおまじないにもトレンドがある!
2020年版“サムシングブルー”事情。

花嫁のための幸せのおまじないのなかで、
日本でも広く定着した “サムシングブルー”。
あなたは来るウエディングデイに、
どんな青いお守りを身に着けたい?
最新アイディアを更新しておこう!

「もっと幸せに、もっとおしゃれに。サムシングブルーにもトレンドがある!」

サムシングフォーとは、花嫁が身に着けると幸せになるといわれる、欧米に古くから伝わる4つのおまじない。

  • Something Old(何か古いもの)
  • Something New(何か新しいもの)
  • Something Borrowed(何か借りたもの)
  • Something Blue(何か青いもの)

なかでもサムシングブルーは取り入れやすいこともあり、日本でも広く知られるように。ジュエリーやテーブルコーディネイトに取り入れることで、おしゃれで幸せ感いっぱいのブライズに! ここでは、ウエディングの最旬トレンドも意識した、サムシングブルーのTipsをご紹介。

IDEA.01

ドレスのコーディネイトにプラス

花嫁用の下着やガーターベルトもブルーの飾り付きで多数市販されているけれど、もっと写真映えするアイディアもおさえておきたい。例えば、ドレスのウエストに幅広ブルーのリボンをチョイスしてみては? カジュアルなお色直しとしても効果的で、ぐっと洗練された装いに。そして花嫁が歩くたびにちらっと見えて可愛いのはブルーのシューズ。他にもヘアアクセサリーにプラスしたり、バッグにブルーのハンカチを忍ばせたりと、アイディア次第でさまざまに取り入れることが可能。気づいてくれた女友達が笑顔と歓声で祝福してくれそう。

IDEA.02

エンゲージメントリングにおまじないを!

一生身に着けるリングにこそ、そっと幸せの魔法をかけておきたい。スタージュエリーのエンゲージメントリング「Crossing Star」は、センターダイヤモンドの台座に、小さなブルーダイヤモンドをセッティング。サムシングブルーとして身に着けることができる、と高感度な花嫁に人気。ロマンティックな願いを込めたエンゲージリングは、ウエディングが終わっても、ずっと花嫁の身を守ってくれそう。もちろん夫婦の絆の一生のお守りになるはず!

IDEA.03

サムシングブルーをさりげなく指先に

ウエディングだからネイルはベージュピンクやホワイト、なんていうのは過去のお話。おしゃれ花嫁は、一生に一度の晴れの日を好きなカラーで自由に楽しむのがトレンド。だからこそ、サムシングブルーをネイルに取り入れるのも素敵なアイディア! ブルーのネイルにトライする勇気がないというなら、青いラインストーンをネイルにプラスしてもおしゃれ。手元は自分の目に入ってくるパーツでもあるので、青い色が見えることで、幸せ気分もアップしそう!

IDEA.04

ブルーのブーケが花嫁を守ってくれる

その日のために心を込めてオーダーする重要アイテムといえば、ウエディングブーケ。ブルースターやアジサイ、デルフィニウムなど、ウエディングのブーケに用いられる花のなかにも青い花材は続々登場。花は一年のうちでも出回る時期や大きく美しく咲く旬があるので、ブーケに青い花を取り入れたいという場合は、担当フローリストに早めに相談を。花嫁のブーケと会場装花がブルーの花材でリンクしている……なんていうオーダーも可能。

IDEA.05

ゲストもハッピーになれる会場に

写真映えするという理由から、会場まるごとサムシングブルーを取り入れるのも変わらず大人気。テーブル装花やクロス、チェアリボンやキャンドルなどを濃淡のブルーで統一するなど、デコレーションのアイディアは無限大。またパーティに出席するゲストのドレスコードにも「服装のどこかにブルーを」とお願いしておくのも素敵。当日のウエディングアルバム全体が自然にブルーで統一され、大切なゲストとシェアする思い出すべてに幸せの魔法をかけられるかも。

  • Photos courtesy / Getty Images
  • Text / Nonoko Hata
  • Editor / Kyoko Takahashi
  • Produced by HEARST made