GIFT

大切なギフト選びのご参考に。

誕生石について

12ヶ月の誕生石がそれぞれ持つ不思議な効力と、神秘的な伝説などをご紹介します。

12月の誕生石 ターコイズ TURQUOISE
宝石言葉 成功
色 グリーンからブルーの不透明な鉱石です。
効果 古くから視力を守る力があるとされていました。また、勇気と行動力をもたらし、積極性を与えてくれます。危険から身を守るため、ある部族はこの石を盾にはめ込んで戦に臨んだといわれています。旅のお守りでもあります。
由来・伝説 この語の語源は古くはっきりしませんが、フランス語の"ピエル・ターコイズ(トルコの石)"に由来するといわれています。ターコイズは古くから世界各地で珍重されてきました。それを示すものとして、エジプトの墳墓や南アメリカのインカ帝国の財宝、アメリカ南西部ではアメリカ先住民族が作るジュエリーが有名です。また言い伝えも多く、神聖な儀式用や危険を知らせる宝石、成功を約束する宝石、あるいは不貞をはたらいた恋人に触らせると色が変わり、見破る宝石とも考えられていました。さらにターコイズは自分で買うよりも人からプレゼントされる方が幸せになれるという言い伝えもあります。

12月の誕生石 ブルージルコン BLUE ZIRCON
宝石言葉 幻覚、夢みる思い
色 透き通った優しいブルー。ダイヤモンドのようにキラキラ
輝きます。
効果 癒しのパワーストーンと呼ばれ、エネルギーの発散と吸収の両方の力を持つといわれています。精神を安定させ、危険から身を守ってくれます。古くは、知恵、名誉、富をもたらす石とされ、光沢がなくなると危険が迫ると信じられていたそうです。
由来・伝説 ブルージルコンは、ペルシャ語の"ZAR(金)"と"GON(色)"に由来します。1920年代に突然世界のマーケットに現れて、一躍人気になった宝石。キュービックジルコニアと混同され、人造石と勘違いされやすいですが、ジルコンは天然石です。ジュエリーとしての歴史は新しくても、ジルコンは古くから人々の生活に存在していました。ギリシャ神話の中で美少年の名前がつけられた花・ヒヤシンスと同じ名前で呼ばれ、苦しみを和らげ劇場を沈める石、人を平安に導く平和の石とされていました。特に中世では、ペストから守る石や出産時の女性を助ける石というように、天国から神の保護をもたらす護身符として大切にされていたといわれます。