QUALITY

スタージュエリー製品の確かな品質保証、素材へのこだわりについてご紹介します。

素材へのこだわり

地金素材の歴史や性質、スタージュエリーの素材へのこだわりをご紹介します。

歴史・産地

プラチナが登場したのは紀元前1500年代のエジプト時代にまでさかのぼるといわれていますが、貴金属という認識を持って発見されたのは17世紀、その加工法の基礎が確立されたのは18世紀後半になってからのことです。最大の産出国は南アフリカで、現在までに採掘されたプラチナの総量はわずか約2500トン。さらに1トンの鉱石から採れるプラチナはわずか3gの希少さです。

性質・特徴

プラチナは貴金属の中で最も融点・比重が高く、グラム当りの価格も高いため、ジュエリーの素材としては最も高価な貴金属です。単位はPT1000(プラチナ100%)から始まりますが、純度100%では軟らかすぎるため、パラジウム等を混ぜてジュエリーに適した硬度を持たせています。PT950、PT900、PT850と数字が低くなるにつれて純度が低くなります。色調は白系ですがシルバーの白さとは違い、やや黒っぽい渋みのある独特の白さが特徴。また粘り強い性質はジュエリーの素材として最適で、小さな爪でもしっかりと宝石を留めることができます。

スタージュエリーのプラチナ

スタージュエリーのプラチナは、グローバルスタンダードとされている高純度のプラチナ、PT950。その中でも硬度の高いハードプラチナを使用しています。すべてのプラチナ製品は、チェイン、引き輪、フックなど、小さなパーツに至るまで、美しさと硬度、耐久性を併せ持つPT950です。