• TOP
  • リング選びのご参考に:婚約指輪

リング選びのご参考に

婚約指輪・結婚指輪についての基礎知識、お選びになる際のポイントをご紹介します。

1 婚約指輪とは

婚約指輪(エンゲージメントリング、エンゲージリング)とは婚約の証・記念となる指輪です。プロポーズの際に贈られることも多く、永遠に変わらない愛の誓いを込めた意味合いがあります。ダイヤモンドを始めとする宝石を留めたものが一般的ですが、それは婚約指輪が広まった中世ヨーロッパでは、宝石が魔除けや幸運をもたらすものとされていたからです。また古代からの言い伝えで、左手のくすり指の血管が直接心臓(ハート)につながっているとされたことから、婚約指輪は左手のくすり指につけるようになったと言われています。
婚約指輪は婚約期間中だけではなく、ご結婚後には結婚指輪に重ねて末永くお使いいただくアイテムです。

2 婚約指輪に使われる素材について

永遠の愛の象徴である婚約指輪は、その意味合いからも品質的にも、宝石の中でもっとも硬く透明度の高いダイヤモンドと、地金の中でもっとも変質・変色の心配がないプラチナの組み合わせが多く選ばれています。 海外などではサファイア、ルビー、アクアマリン、パールなど誕生石を贈る習慣も多くありますし、普段のファッションに合わせて例えばイエローゴールドの地金が選ばれることもあります。
スタージュエリーでは主にプラチナにダイヤモンドをセッティングした婚約指輪をご用意しており、それぞれの素材において最高品質であるプラチナ950、エクセレントカットダイヤモンドを使用しています。また、その他の素材をオーダーメイドで承ることも可能です。

  • スタージュエリーで扱っている素材については、「品質:ダイヤモンド/プラチナ」をご覧ください。
  • オーダーメイドのお取扱いは、店舗を限らせていただいております。詳しくはカスタマーサービスまでお問い合わせください。
  • スタージュエリーブライダルサイトでは、素材別に絞込み検索ができますので、ぜひご利用ください。

3 デザインについて

婚約指輪のデザインは主にダイヤモンドの留め方とアーム(腕部分)のフォルムで分けることができます。もっとも伝統的なタイプは、まっすぐなアームに1石のダイヤモンドを爪留めしたもの。ダイヤモンドをさらに両サイドにもあしらったり、アームにS字やV字ラインの動きをつけるなどで印象がまったく異なります。
また、結婚指輪と重ねたときに美しく見えるようなデザインを選ぶこともできます。

  • スタージュエリーブライダルサイトでは、お好みのデザインを簡単にお選びいただけるようにスタイル別に絞り込み検索ができますのでぜひご利用ください。
  • スタージュエリーの代表的なデザインの特長を、「デザイン-オリジナリティへのごだわり-」にてご紹介していますのでぜひご覧ください。

※リングは見た目の印象とつけたときの印象が異なる場合もありますので、ぜひ店頭にてご試着されることをおすすめいたします。

4 価格について

婚約指輪の価格はダイヤモンドの選び方によって大きく変動します。ダイヤモンドは色味、透明度、輝きなどさまざまな要素について国際的な鑑定機関によるランク付けがされており、そのグレードと石の大きさ(重さ)によって価格が設定されます。
ある程度比較検討することで、お客さまご自身のニーズもおわかりになるでしょう。もちろん、ご予算に合わせてショップスタッフが最適なものをご紹介いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

  • スタージュエリーブライダルサイトでは、おおよその目安とできるように、価格帯別・カラット数(ダイヤモンドの重さ)別で絞り込み検索ができますのでぜひご利用ください。
  • ダイヤモンドのグレードを決める基準については、「品質:ダイヤモンド:4C」をご覧ください。

5 準備する時期とご成約からお渡しまでの期間について

従来婚約指輪は、結納やご両家のお顔合わせの際にお披露目するものとされてきましたが、今では誓いを込めてプロポーズの際に贈られることも多くなりました。
基本的に、スタージュエリーの婚約指輪はまずデザインをお選びいただき、ご希望のグレードのダイヤモンドをセッティングするセミオーダースタイルで一からお作りいたしますので、ご成約から約4週間後のお渡しとなります。
また約1週間でお渡しできるデザインも豊富にご用意しております。
もちろんご来店当日にお持ち帰りいただくことが可能なデザインもございますので、店頭にてご相談ください。